2022年7月3日日曜日

なんともう7月!

こんにちは!

ブログでは大変ご無沙汰しております、四ツ谷オステオパシースタジオ渡邉です。

暑いですねー、今年は。早々に梅雨が明けてしまって、6月とは思えない猛暑の日々ですね。皆様、いかがお過ごしでしょうか。お元気ですか、大丈夫ですか。

私は、37度にもなった6月の最後の日曜に、新宿御苑に行ってクチナシの写真を撮りまくっていたのですが(ある事の為にね)太陽ギラギラ、気温37度の公園で何時間か過ごして(歩いて)汗だくビチョビチョになりましたが、その時に体の「夏スイッチ」が完全に入りました。カチっと音をたてて!汗をかく練習になったのでしょうね。なので暑いけど、なんだか嬉しくて謎に元気です、笑。洗濯物もあっという間に乾きますしね!


さてさて、よく「こんな症状の時はどうしたらよいですか?」とか、「あれってどうですか?」などと聞かれることがあります。その方の体のクセや傾向がわかっている場合、そして急性の症状の場合は、こんなのが良いのでは?とアドバイスさせていだくこともあるのですが、例えば食べ物のことや、睡眠時間、運動法、リラクゼーション法、それって本当に「人」によると思うんですね。

ある方の興味深いお話なのですが、コーヒーは体に良くないかなと思って、なんとなく止めていた方がおりました。一年くらいかな?その方はもともと下半身が浮腫みやすい方なのですが、そのうち、夜間のトイレで何度か起きるようになってしまったのです。年齢的なもの?と考えるには早すぎるお年。施術にいらしてもなんともリンパの戻りが悪い、、うーん、、なんだろう、、っと思いながら何度か施術していたら、ある時「夜間のトイレ治りました!」と!止めていたコーヒーを再開したら、夜間のトイレに行かなくて済むようになったそうです。

なんとーー!コーヒーの利尿作用を利用して、昼間のうちに溜まった水分を排尿できるようになった事で、夜間のトイレに行かなくて済むようになったのですね。

面白いですねーー。体って。


自分の体の取説みたいなものをご自身が把握して、どんどんアップデートしたり、深めていく事が最強なんだなーと思います。心地よい、とか、体が楽とか、息が楽とか、気持ち良い、とか、そんな事を集めて把握しておくと良いですよね。逆に、ココにいくと疲れるとか、これ食べるとダメかも、とか、あとは、ご自身の普段の姿勢とかとか、ね。

世間でいう(今だとヤクルトとか?なの?笑)健康の流行りものって、誰にでもお勧めなはずはないし、こんなに全員の体って違うので、それをまず受け入れて、ご自分だけの取説作りましょうね。

そして、もう生きてるだけで大変なことってたくさんありますから、少しでも体を心地よく、ご機嫌に過ごしていきたいですね!ではでは、この夏も元気に楽しみましょう!

***


我が家のニャンコは、いつだって涼しくて心地よい場所を知っている。そしてこんな姿勢で寝ている。笑



こちらは四谷のクチナシ。甘い香りを放っていました〜。






2022年2月3日木曜日

本年もどうぞ宜しくお願い致します!

こんにちは、四ツ谷オステオパシースタジオ渡邉です。

2022年、今年もどうぞ宜しくお願い致します。
今日は節分、明日は立春ですね、二十四節気では春の始まり、1年の始まりの日です。
1月1日のお正月から2022年が始まってそれはそれでとっても清々しいのですが、なんとなく1月ってバタバタとあっという間に過ぎてしまう感じがして、立春の方が地に足をつけて、また1サイクル始めましょう〜という気持ちになります。梅が咲いていたり、春の予感もちらほら感じるからでしょうかね!

あ、御年賀状もありがとうございました。メッセージ書いてくださる方やご家族のお写真とか、絵手紙とか、みなさんとっても素敵で、むふふ、、と何度も読み返しました、嬉しかったです!

今年も私のできる範囲で、関わる方々が少しでも身体と仲良く、心地よく過ごせるためのお手伝いができればと思っています。いつでも四ツ谷でお待ちしております〜。

昨年からいらしている方が、施術の後のカラダを感じてみて、今まで生きるのが辛かった、生きるのが楽になった、とお話してくださいました。
脳疲労が重く、結構な外傷もあったり色々でしたが、カラダのスイッチさえ入れてあげれば(切ってあげる?かなぁ)どんどん変わっていけるのですよね、本当に感動します。


あと今年は、呼吸法も少しずつお伝えできるように精進できれば良いなぁと思っています。さてどんな風にやろうかな、、
先日、もう7年続けている丹田呼吸法の勉強会に参加したのですが、先生が素晴らしいことをたくさんお話してくださいました。私はまだまだなのですが、呼吸法の指導ができる試験を受けたので、少しずつ自分のためにも、学んだことをシェアできればなと思っています。

先日の勉強会で先生が、波のリズムのような呼吸法があるのですが、「4億年前ヒトが海から陸に上がった時のDNAを呼び覚ますように、波のリズムを感じながら自然の一部になって丹田に深く深く息を吐いていきましょう。そうして命を見ていきたいと思います」と仰っていました。うーん、壮大。そうして呼吸にだけ集中する時間は、日々のことから離れ、とっても貴重で贅沢な時間です。都会で暮らす現代人はみなさんそうだと思います。

丹田呼吸は、メカニカルにも素晴らしくよくできていて、呼吸法に入る前に姿勢を作るのですが、そのポジションが横隔膜の動きを助け、みぞおちにある腹腔神経叢の働きを活性化させ(=内臓の働きが活性化される)下半身の循環を高める効果があるのです。
そして瞑想的な要素もあるので、肉体的にも精神的にもどちらにもアプローチできる素晴らしいツールだなと思います、そしてどこでも気軽にできるしね!


って事で、まとまりのない文章ですが、、
今年もカラダに感動しながら、精進しながら過ごしていきたいです。
皆様も、ご自身を大切に、心地よく、機嫌よく(笑)楽しく元気に一年が過ごせますように、お祈り申し上げます。
本年もどうそよろしくお願い申し上げます!


四ツ谷オステオパシースタジオ  渡邉


我が家の愛猫マメ&ハグ